明朝体フリーフォント片っ端から集めた

この記事は「小説同人誌向け明朝体フリーフォントまとめ」のリメイク記事です。
どうもこの↑タイトルだと「小説同人誌が主なターゲット」というよりも「小説同人誌しかターゲットにしていない」と見なされてるっぽいのと、もとの記事が肥大化しすぎて収拾がつかなくなって来たので、いっそ新規で作っちまおう、ということで新しく書きました。
小説同人誌のために本文用の明朝体を探している方はもちろんのこと、マンガ同人誌や、その他色々な作品用に明朝体を探している方のお役に立てれば嬉しいです!

おことわり

この記事では「明朝体」にカテゴライズされそうなフォントを片っ端から掲載しています。
フォントの内容、品質等は確認出来た範囲で書いていますので、詳しくはご自身でお確かめください。
ライセンスは確認出来た範囲で記載しておりますが、ダウンロードの際には必ずライセンスを確認してから利用しましょう。
また、ライセンス違反と思われるフォントは掲載しておりません。こちらは拡散を防ぐ意味でメモにも載せておりません。
お気づきの点がございましたらご連絡下さい。

2020.03.31
画像は前記事からそのまま引っ張ってきています。前の記事にないものは画像なしになっています。後日新しく作り直す予定なので、それまでお待ちください……

目次

OS標準フォント

各OSに初めから入っている、あるいはアップデートや追加ダウンロードにより利用可能なフォントです。

OSごとに搭載フォントは異なります。搭載されていないフォントは販売サイトで購入する等で導入出来ます。
Windows搭載フォントのライセンスについては当サイトの「Windows標準フォントの”今”」に詳しく掲載していますので、併せて読んでみてください。

Mac OS X搭載フォントのライセンスについては、こちらの記事が詳しいです。
macOSに付属するフォントは商用利用可能か問い合わせた

注意

OfficeがプリインストールされているWindowsPCの場合、「HG~」という名前のフォントが入っていますが、これらはOSのフォントではなく、Officeのフォントとなるため、この項に記載しておりません。
参考:フォントの同人誌使用についてのリコー問い合わせ内容全文 – Privatter

MS明朝(TrueType)

有名過ぎるほどに有名、お馴染みWindows標準フォント。
フォントの名前が「MS明朝」です。これを指して「明朝フォント」みたいな呼び方してる人を見たのですが、「MS明朝」が正式名です(フォントのファイル名もMSmincho.ttf)
あと「MS P明朝」っていうのもいます。小説本文に使うなら「P」がついてない方を使いましょう。
Winのフォントですが、Officeでも標準フォントになっているようなので、他のOSでもWordやExcelのアプリをインストールするとアプリ内で使うことが出来るようになります。iOSではアプリ内のみなので、他のアプリでは使えません。
基本的にディスプレイ表示用途。小説本文用としては読み流しにくいフォントではあるものの、Winであれば確実にPDFが生成出来るフォントとして使用されている場合も多い。

超レア事例かと思うけどデザインで使われた例も。(実例付きフォント字典初版に記載有)
(新しい方⇒[改訂版]実例付きフォント字典

ちなみにMS明朝が細すぎるのには、こういう理由があるそうで。

参考リンク

ヒラギノ明朝W3/W6(OpenType)

Apple系OSではお馴染みのフォント。字游工房設立後最初の書体。
#字書きの推しソフトとフォントでは第3位。
Windowsではダウンロード販売やモリサワパスポートなどで使用可能。
ダウンロード販売は1ウェイトから、かつ買切りで導入しやすい。
価格はStd版で1万円強、Pro版で2万5千円くらい。
他のヒラギノシリーズも使いたい場合は「ヒラギノ基本6書体セット」があり、単体で揃えるよりお得。
小説用が必要ならW2導入を検討。印刷所によってはW3だと太く出ることも。

参考リンク

游明朝L/R(Win/Mac)(TrueType)

游明朝体ファミリーは「時代小説が組めるような明朝体」をキーワードに、単行本や文庫などで小説を組むことを目的に開発した游明朝体 Rを核とした明朝体ファミリーです。
文字の大きさの揃った現代的な明るい漢字と、伝統的な字形を生かしたスタンダードな仮名の組み合わせは、これまでの明朝体とは違う、游明朝体の大きな特徴です。

#字書きの推しソフトとフォントで第2位のフォント。
Win8.0以前のOSの場合はOffice2010/2013用に配布されているものをインストールすることで使用可能。
ヒラギノ明朝と制作元は同じだが、ヒラギノよりも、どこかやわらかな印象。
Regularでも他のフォントより細い。L(Light)だと細すぎる可能性も。

「游明朝」というフォントはWinにもMacにも入っているので、一見互換性があるかと思いきや、なんと搭載ウェイトが異なる。
Windows:L・R・DB
Mac(iOSも?):M・DB・EB
つまり互換性があるのは游明朝DBのみということに…
両方に搭載されてるのは、互換性のためではなかったのだ…

注意点として、OS搭載の游明朝はOSアップデートの影響を受ける場合があり、フォント由来のバグが起きる可能性がある。過去には、Winのアップデートにより、記号が正しく回転しない不具合が発生したことがある。これはフォントデータ由来であり、OS本体やソフトが理由ではないと言われている。
この辺りの事情があるため、小説同人誌の原稿をWordデータ(docx)で入稿する際は、各印刷所で游明朝の使用可否について確認するのが良いでしょう。
なお、購入出来る方の「游明朝体」についてはフォントファイル名も異なり、OSアップデートでフォントファイル自体が変わることはないため、フォント由来のバグの影響は受けない。

「游明朝」と「游明朝体」は同一ウェイトであれば見た目は変わらない様子。
こちらは「游明朝Regular」と「游明朝体 Pr6 R」の比較画像。(タップ/クリックしてね!)
ドットで多少の差があるものの、ほぼ同様の出力結果であると言って差支えないでしょう。

参考リンク

凸版文久明朝(Mac, iOS)(OpenType)

Mac OS X Sierra以降のMac OSで追加ダウンロードにより使用可能なフォント。
iOSでも対応しているアプリならば、追加ダウンロードにより使用可能。
Windowsではモリサワパスポート・セレクトパック1/3/5、もしくはAdobe Fonts(Adobe Creative Cloud全プランに付属。後述)で導入可能。
凸版印刷の金属活字をもとに作られたフォントで、「縦組みの読みやすさを第一に考えて作られました」とのこと。その金属活字のオリジナルは何と昭和31年という、歴史ある書体。
いわゆる「オールド書体」ほどオールド寄りではない感じ。デフォルトでは、他の明朝体によくある「ヒゲ」がないデザイン。InDesignでは「字形」パネルからヒゲありに変更可能。
印刷用としてはもちろん、電子書籍での表示も意識されていて、太すぎず細すぎないちょうど良さ。

参考リンク

BIZ UD明朝(Win)(TrueType)

Windows10日本語版「October 2018 Update」以降で利用可能なフォント。日本語版以外でも日本語パックをインストールすれば使用可能。Windows10以外でも「MORISAWA BIZ+」を利用すれば使用可能になる。
元々Officeで使用されることを前提にされているので、Wordでも使いやすい。
文字デザインとしては、UD=ユニバーサルデザインということで、「見やすい」「読みやすい」「間違えにくい」という特徴はあるが、一般的な「縦書き長文用のデザイン」ではない。「文芸用」と比較すると結構太く感じる人もいると思う。
なお「October 2018 Update」では「UD デジタル教科書体」というフォントも利用可能。
明朝体ではないが、縦書きで使うと独特の雰囲気になる。
絵本っぽい感じ、というか。

小説本文向けおすすめフォント

源暎こぶり明朝(TrueType)

「縦組み・長文・文芸向け」を明確にターゲットにしたフリーフォント。
#字書きの推しソフトとフォント」では有償フォントを抑えて第1位。
様々な小説用PDF生成ツール、画像生成ツールで採用されている。

スタイルはニュースタイル小ぶり仮名。
「読書の邪魔をしない」「無味無臭」をコンセプトに、文芸向けな調整やデザインで仕上げている。
これらのこだわりのデザインにより、どんな内容の小説にも合うフォント。
バージョン4から私用領域に絵文字や濁点付き明朝を独自実装している。
DL:源暎フォント置き場 – 御琥祢屋

さつき源代明朝(TrueType)

一応は横でも縦でもそれなりにバランスよく組めるように注意を払いましたが、基本的には見出し寄りな書体です。

古き良き活字の雰囲気が素敵な「明朝體 むつき」の雰囲気を活かしたオールド系フォント。角立て・にじみ処理された派生フォントである源雲明朝と合わせることで、雰囲気を合わせつつ、明朝體 むつきでは出ない漢字も網羅しているが、いくつかの文字を調整することで、オールド系でありつつもどこか現代的。
印刷すると、ディスプレイで見るよりもやや太めに出る。
源暎こぶり明朝・源暎ちくご明朝同様に濁点付き仮名が実装されているが、一部文字が実装されていないので、完全な互換性はない。
DL:源暎フォント置き場 – 御琥祢屋

源暎ちくご明朝(TrueType)

「源暎ちくご明朝」は明治時代後期にうまれた「東京築地活版製造所による五号活字」(築五)の系譜に連なるオールドスタイルの仮名を持つ文芸・縦組み・長文向け本文明朝体です。

源暎シリーズのオールド大がな明朝。源暎こぶり明朝と同じ「読書の邪魔をしない」「無味無臭」をコンセプトに製作されたフォント。石井明朝体OKLを意識して作られているので雰囲気が似ている。ラノベっぽい見た目にしたい人はフォントが候補。
源暎こぶり明朝と同様、私用領域に濁点付き仮名が実装されている。
DL:源暎フォント置き場 – 御琥祢屋

しっぽり明朝(OpenType, TrueType)

東京築地活版製造所の名作書体である五号系活字を下敷きに、物静かで上品で、見ているだけでうっとりするような明朝体を目指して制作した、オールドスタイル明朝体フリーフォントです。

「築地五号」をベースに開発されている。こちらも石井中明朝体OKLを意識して作られているので、ラノベっぽい見た目にしたい人は、このフォントも候補。築地五号ベースのフォントは、似てはいるが細かな部分が異なる。
源暎シリーズとは別の作者のフォントだが、源暎シリーズと同じ文字に濁点付き仮名が実装されているため、互換性がある。
DL:しっぽり明朝v2 | 小説用オールドスタイル明朝体フリーフォント | FONTDASU.COM

錦源明朝(OpenType)

同作者が制作していた「錦明朝(愛宕明朝)」に源ノ明朝を合わせたフォント。
参考文献は「東京築地活版製造所(大正四)『五號明朝活字總數見本 全』」。
同じ「築地五号」を参考に作られている源暎ちくご明朝やしっぽり明朝と異なり、Lightベースであることが特徴。
前者ふたつを使った時にちょっと太いな…と思ったらこちらが候補。
DL:5-7. 錦源明朝(明朝体フォント) – akenotsuki

TR大正明朝体(OpenType)

元々は有償(7,776円)のフォント。販売元の会社は2014年頃には会社はなくなっていたらしいとのこと。
トップページには「使用権を解放しました。自由にお使いください。」の表示、別のページには「開発者が使用権を一般に解放いたしました。グリフの複製使用は許可しておりません。 」の表示があるが、具体的に「解放」された時期は不明。
配布データはフォントファイルのみで、readmeなどの利用規約やライセンスに関する付属ファイルは一切ない。
配布データはMacの仮想ディスクイメージファイル(.dmg)だが、Windowsでも7-Zipなどの.dmgファイルに対応したソフトを使用することでフォントファイルを取り出すことが可能。
築地初号(本来は見出し向け)がベースと思われる見た目。話題になった際の反応の中には、「新書向け」との意見もちらっと。
文字収録数はStd=約9,300文字。Std版に収録されていない文字を使う人は注意。
※2018.10.29 Wordからのpdf出力で記号が正しく回転しないのを確認

こちらのツイートの情報で広まりましたね。(私もこれで知りました)
DL場所がちょっと分かりにくいですが、トップページの「TR大正明朝体Rフォント フリーダウンロード」と書いてあるところ(画像?)をクリックするとDL出来ます。
DL:天空工作室 Tenkoo Studio

濁点明朝シリーズ(TrueType)

IPAex明朝やOradano明朝を使用してる文で、濁点つき仮名に切り替えたい時に使うフォント。
つまり、併用して使うことが前提。
ネオ濁点明朝の私用領域の入力は少々癖があるので、簡単に入力したい人は濁点明朝KかAも選択肢の候補。
縦書きでは「K」の方がおすすめとのこと。

  • 濁点明朝K
    IPAex明朝の仮名を濁点つき仮名に変更したもの
  • 濁点明朝A
    IPAex明朝の半角アルファベットを濁点つき仮名に変更したもの
  • ネオ濁点明朝
    IPAex明朝の私用領域に濁点つき仮名を割り当てたもの(源暎こぶり明朝・しっぽり明朝互換)
  • 濁点明朝レトロ
    Oradano明朝の仮名を濁点つき仮名に変更したもの

DL:濁点フォント

IPA明朝・IPAex明朝派生フォント

IPA明朝・IPAex明朝・IPAmj明朝(TrueType)

IPAでは、システムの種類を問わず無償で利用できる高品位なフォント「IPA フォント」や、その改良版の「IPAex フォント」を開発・公開してきました。

明朝体フリーフォントの代表格。タイプバンクの「TB明朝」がベース。
ダッシュが繋がらないため、派生フォントでもダッシュが繋がらないことが多い。一部の派生フォントはダッシュが繋がるように直されている。
IPA明朝とIPAex明朝では仮名部分が若干異なるが、違いは本当に少しなので、好みの方で。新しい方が良ければIPAex明朝で。
IPAmj明朝は「人名の表記等で、細かな字形の差異を特別に使い分ける必要がある業務等での活用を想定したフォント」とのこと。IPAex明朝と見た目はほぼ一緒。これだけ、v006.01で「令和」の合字が実装されている。

三番明朝(OpenType)

IPAex明朝ベースに一部のひらがなに変更を加え、OpenType化されたもの。
変体仮名(異体仮名)も収録されている。
もっと変体仮名が必要な場合は、同ページで配布されている「三番明朝H」もチェック。変体仮名に濁点・半濁点をつけることも出来る。
IPAex明朝と大きく変わるところはなく、OpenType化されているため、Wordで利用する場合は仮想PDFプリンタの併用が必要。
一時期、Twitterで小説本文に使ってるフォント、で名前を良く見かけたが…?
DL:5-3. 三番明朝(明朝体フォント)

はんなり明朝(OpenType)

Word2013でのサンプル制作時は、他のフォントとフォントサイズが同じくらいだったが、Win10(ビルド1903)+Word2016環境ではInDesignと同様にボディに対して文字がやや小さめになっていることを確認。
(03.31現在のサンプル画像はWord2013で制作。フォントは2012年製で、この画像は2017年制作なので、フォントのバージョンのせいではなさそう)
DL:フォント無料ダウンロード | Typing Art

こころ明朝体(OpenType)

ほんのり縦長に、角丸になった明朝体。
DL:フォント無料ダウンロード | Typing Art

うつくし明朝体オールド(OpenType)

フリーフォント使用デザインではめちゃめちゃ良く見る。
配布ページには「よこがきで美しいオールド明朝体」とあるが、縦書きもきちんと使えて綺麗。
DL:フリーフォントうつくし明朝体

はれのそら明朝(OpenType)

角丸ですっきりとした明朝体です。少しの墨だまりと、オールド系明朝体のエッセンスを含んだ日本語フォントです。
(公式より)

DL:fontopo | 日本語フォント無料ダウンロード

ほのか明朝(TrueType)

「ほのか明朝」フォントはやや癖のある柔らかな曲線のかなを収録した明朝系の漢字付き日本語フォントです。

DL:ほのかフォント

刻明朝(TrueType)

「刻」シリーズは、漢字に比べてひらがな・カタカナを幅ごと小さくデザインしたフォントです。
パンフレットやチラシ、ウェブサイトや映像作品ほか、大切な人への会社の気持ちを込めた贈り物などにもご活用ください。

DL:フリーフォントの樹

ふぉんとうは怖い明朝体(TrueType)

ゆらゆらと揺れるような、少し崩れた印象の世にも奇妙なフォントです。
典型的な日本のホラー映画・恐怖小説をイメージしていますが
このフォントをホラーと見るか、柔らかい印象と見るかはあなた次第です。

DL:フォントな

Eco明朝(TrueType)

フォント名は「Eco明朝」。配布ページの名前は「かながCompactなフォント」。
その通り、かなが小さくなっている。小さくした分行内にたくさん文字が入って、行数が減って、その分紙の消費を減らす…ってこと?
DL:かながCompactなフォントプロジェクト日本語トップページ – OSDN

TTEditシリーズ(TrueType)

  • TTEdit鏡文字明朝
  • TTEdit半角明朝
  • TTEdit2/3明朝

鏡文字明朝は、文字通り文字が反転してるフォント。
半角明朝、2/3明朝は、フォントの縦横比率を変更出来ないソフトで行内に文字を詰める必要がある場合に便利なフォント。
DL:無料フォント | フォント・外字ソフトのことなら武蔵システム

MogaMincho(TrueType)

配布サイトでの名称は「MoboGothic / MogaGothic / MogaMincho TTCパック」。
配布場所にあるPDFには「OpenTypeの字体切り替え機能対応」「Unicodeの異体字切り替えIVS対応」「IPA明朝をベースに調整を行ったもの」との記載がある。
DL:Y.Oz Vox

NGT P明朝

IPA P明朝ベース(=プロポーショナル)だが、縦書きでの字間詰まりはない。
記号回転に不具合がある。
「あ」「゛」の並びで濁点つき明朝が表示出来るが、「だくてん」で変換出来る方の文字ではないようなので、IMEパッドなどでの入力が必要かも。
DL:M59のサイト

源ノ明朝・派生

源ノ明朝(OpenType)

源ノ角ゴシックの対となるオープンソース明朝体フォント。
これまで改変可能な明朝体といえばIPA(ex)明朝、花園明朝、梅明朝などだったが、それぞれ1ウェイトのみだった。
これに対し、源ノ明朝は7ウェイトを持ち、更に東アジアの4言語をサポートしている。
利用方法は、Adobe Creative Cloudを導入して、Adobe Fontsで同期して使う方法と、GitHubのプロジェクトページからDLする方法がある。
ここのリンクはDL用のリンク。
Adobe Fontsでの使い方は、貂明朝・平成明朝の項で紹介。

源ノ明朝Heavyでペルソナ5の冒頭再現をやってみたのでご覧ください。
(ペルソナ5冒頭はマティスUB?)(エヴァは多分色んな人がやってる…)

DL:adobe-fonts/source-han-serif – GitHub(フルセット)
DL:adobe-fonts/source-han-serif – GitHub(日本語サブセット版)

源様明朝・源流明朝・源雲明朝(TrueType)

ばっと(But)氏制作の源ノ明朝系フォント3種。
TTFなのでWordでも使いやすい。Word2007/2016での縦組み実験後にリリースされている。

  • 源様明朝:源ノ明朝の単純TTF化
  • 源流明朝:若干縦長にして角立てしたもの
  • 源雲明朝は墨だまり風にしたもの

DL:ButTaiwan (But) – GitHub

幻ノにじみ明朝(OpenType)

あえてアウトラインをガタガタに、レトロ感、アナログ感を出したフォント。「アナログ感」という方向性としては有償フォントの秀英にじみ明朝と同じ。
フォントサイズが大きいとはっきりとレトロ感が出るものの、小説本文のような小さいフォントサイズだとアナログ感はちょっと薄い。
仮名部は僅かに小さめにデザインされているので、源ノ明朝をそのまま使うよりは本文向き。ダブルミニュートが正しく回転しないことと、波線「~」が出ないこと以外はWord上でも正常に扱うことが出来る。
DL:幻ノにじみ明朝のフリーフォントダウンロード | フォントな

源界明朝(TrueType)

読める限界ギリギリまで破壊された世界観の見出し向け明朝体にいたしました。

源ノ明朝派生の見出し向けフォントです。
源ノ明朝が出てからあまり経たない頃にリリースされたものだと記憶しています。
マンガのフキダシに使うのもなかなか。
DL:源界明朝は限界ギリギリ読める源ノ明朝の派生フリーフォント – デザインのブログ

装甲明朝(TrueType)

横線が極細のステンシル体風の見出し向け明朝体です。
少し劣化したラフな雰囲気に処理いたしました。
ミリタリーな雰囲気にも、男らしい格好良さにもマッチするようにと考えました。

DL:装甲明朝は源ノ明朝の派生フリーフォント~ステンシル体風明朝体 – デザインのブログ

アプリ明朝・アプリ明朝old(OpenType)

源ノ明朝の素晴らしさを活かした横線が少し太い横太明朝体です。
源ノ明朝と比べると、横線が少し太く、縦線が少し細くなっています。
またウロコ、止め等が丸くなって、目の動きの邪魔にならず
漢字の自然なデザイン・読みやすさに繋がっています
やわらかい雰囲気で、ひらがな等との全体の統一感があります。

「アプリ明朝Old」は文字に滲みを加え墨だまりを再現したオールド風味…とのことですが、Twitterに上がっていた画像でも完全に誤差レベルで、よくよく見ないとわからないレベル…(私の主観です)
Wordでは「〝〟(環境依存文字)」がうまく回転しませんでした。
DL:アプリ明朝は源ノ明朝の派生フリーフォント~横太明朝体

廻募(エモ)(OpenType)

勢いでエモいフォントを1日で作ってみた〜誰でもフォントは作れる|フロップデザインのフォントキャンプ|note
この↑記事の為に作られたフォント。なんとスクリプト利用で3クリックぐらいで作られてるんですって。驚き。
但し、微調整とかはされていないので、たまに線が飛び出してる場合があります。(後日画像出します)
ちなみに上で紹介してる源界明朝や装甲明朝もスクリプトでエフェクトかけて作られてるんですって。へぇー!
DL:源ノ明朝の派生フリーフォント〜廻募(エモ)フォントダウンロード – デザインのブログ

コーポレート明朝(TrueType)

企業ロゴやサービスロゴ風の文字をフォント化した「コーポレート・ロゴ」を、明朝体にアレンジしたフォントです。ひらがなとカタカナも漢字に合わせたパーツのデザインにしました。
公式「コーポレート明朝」フォントのデザイン より

DL:レトロな「コーポレート明朝」フォント無料ダウンロード | 転職サイト情報のLOGOTYPE.JP

霧明朝

「霧明朝(旧称・Desiete明朝)」は、Adobe社のOpen Sourceフォント、源ノ明朝 (Source Han Serif) の派生フォントです。次のような変更が加えられています。
(中略)
・プロポーショナルなラテン文字や半角片仮名などに対して、縦書き用の回転済みグリフを追加。
・「ね」「れ」の2画目が下から回り込むように変更
(中略)
・PDFに埋め込んだ時に文字のコピーや検索が可能になるようおまじない(成否は使用するソフトや文字の種類などに依存します)

配布ページの画像では、全角英数などは行の中央に寄るように調整されているようです。
これらの変更点以外は源ノ明朝のまま。
DL:5-6. 霧明朝(明朝体フォント)

焔明朝(OpenType)

オープンソースの源ノ明朝をベースに炎の効果を施しました。

注意(?)点として、01~07まで全て「別個」のフォントとして扱われる。
同フォントのウェイト違いとしては扱われない。
DL:焔明朝フォント | フォントグラフィック

その他の明朝体

AdobeFontsのフォント(OpenType)

Adobe Creative Cloudで利用出来る3つの明朝体。
利用にはAdobeID(無料)が必要です。
手順がややこしいので、使い方はこちらの記事をどうぞ。
参考:[Creative Cloud 入門] Adobe Fonts の使い方

貂明朝:Adobe公式は「ディスプレイ用」としていて、「可愛くて妖しい」がコンセプトとのこと。
平成明朝Std:低解像度の機器から出力した場合でも高い品質を維持できるようにデザインされたもの。Adobe以外からも出てる。

  • 源ノ明朝
  • 貂明朝
  • 平成明朝

XANO明朝系(TrueType)

株式会社日立製作所と株式会社タイプバンクが共同開発した「日立明朝体 32×32ドット ウエイト3 フォント」(以下「日立明朝Mフォント」) に関する「フォント権利使用許諾契約」(以下「HPS内田契約」)に基づき、内田明が開発・製作、配布を行うフォントの1つを、XANO明朝フォントと呼びます。

  • XANO明朝
  • Kandata
  • QANO明朝
  • 癸羊明朝
  • Oradano明朝

内田明氏のサイトで公開されている5つのフォント。
このうちQANO明朝・癸羊(みずのとひつじ)明朝・Oradano明朝は旧字体。
XANO明朝とKandata、QANO明朝と癸羊明朝が同じ字で漢字部分の大きさが異なる。
漢字が大きいのはKandataと癸羊明朝。
全て活字感が非常に強い。昔の、活字で作られた本を再現したい場合などにはぴったり。
XANO明朝ではInDesignの縦書き時に「~」が正しく縦書きにならないことを確認している。(Word/一太郎はOK)
また、条件が不明だが、WordからのPDF出力時にエラーで出力出来ないことがあった。他のソフトからの出力では問題ない場合もある。

これはXANO明朝・QANO明朝・ORADANO明朝・癸羊明朝・Kandataの比較gif(クリック/タップしてね!)

DL:Free Fonts(内田明氏)

源暎ラテミン(TrueType)

源暎こぶり明朝作者のタイポス風フォント。
「ミン」とついているのでピックアップしているが、実際はゴシック体ベースのフォント。
DL:【漫画向けフリーフォント】源暎ラテゴ/ラテミン – 御琥祢屋

叛逆明朝

劇場版まど●ギのロゴ風フォント。
漢字収録数は少な目。いくつかのグリフはIPAゴシック派生。
DL:Hangyaku Font by daredemotypo

姫明朝しらゆき/ともえごぜん

プリンセスをイメージした明朝体のシリーズです。

同人誌は無料で使用可。
頒布規模の大きな同人作品や、その他商用利用は有料版をご購入ください。ということです。
DL:姫明朝体

えれがんと平成明朝(無料お試し版)(TrueType)

以前はかなのみのフォントだった「えれがんと」の漢字部分などに平成明朝が入り、より使いやすくなったフォントです。
無料版はかなの清音と教育漢字のみ収録。無料版でも商用利用出来る。(一部例外あり。Q&A参照)
DL:タイプラボ

明朝體​フォント むつき(TrueType)

昔の​活字体の​雰囲気を​持つ​新しい​明朝体​フォントを​目指して​います。
Gutenberg Laboの​GL-築地五号を​ベースに​使って​製作中​です。

DL:明朝體フォント むつき

テゴミン無料版

手書きの明朝体をフォント化したもの。
以前は有料版があったが、ニューテゴミン公開に合わせて(?)現在は削除されている。
DL:【フリーフォント】テゴミン無料版【商用利用可】 – ニショクフトウメイ – BOOTH

ニューテゴミン

2019年にリリースした手書き明朝体フォント「テゴミン」の更新版です。
5mm四方の升目にすべて手書きした明朝体を収録した、手書きのゆらぎ感と明朝体の整然とした佇まいを掛け合わせたフォントを目指しました。
前作「テゴミン」のグリフは記号などを除きほぼ更新しています。
ちょっとだけ優しさがアップしていると思います。

DL:GitHub – nagamaki008/NewTegomin

出島明朝(TrueType)

築地明朝をベースに別のタイプフェイスを作るのが目的

DL:Yoshiki’s notes

さわらびフォント(TrueType)

全ての文字が作者オリジナルで制作されているフォント。ゴシックと明朝があり、現在も開発が進んでいる。
さわらび明朝の漢字収録率は教育漢字100%、第一水準98.72%、第二水準3.39%、最新版は-02-16版。(2020.03.28現在)
InDesignでは入力が上手く行かない(おそらくUnicodeとShiftJISの定義がないため)。Wordでは普通に使える。
DL:さわらびフォント

錦明朝(愛宕明朝)(OpenType)

「錦明朝」は、前述の「錦明朝かな」を拡充して漢字込みの明朝体フォントを作ろうとしたものの、途中で頓挫してしまったものです。

三番明朝の作者のフォント。0から作ったフォントだそうです。
Word上では錦明朝に収録されていない文字はMS明朝で表示される。
DL:5-1. 錦明朝かな・錦明朝(明朝体フォント)

Tフォント明朝(TrueType)

漢字の歴史上に現れる多数の漢字をできる限り網羅することを目標として整備をしており、名前や地名に出てくる字や漢字圏の古い書物に現れる字をも対象としています。

東京大学多国語処理研究会の研究プロジェクト。
同研究会ではTフォント以前に「GT明朝」というフォントが開発されており、Tフォントはこの「GT明朝」と互換性がある。GT明朝は2005年でプロジェクトを終了している。
なお、GT明朝は非営利のみ使用可能。
DL:Tフォントプロジェクト What’s New

ビットマップフォント系・派生

花園明朝・グリフウィキ派生

GlyphWikiに登録されている漢字グリフを使って作られたフォント(花園明朝など)、またはその派生フォント、もしくは派生フォントの更に派生(組み合わせ)フォント。
GlyphWiki由来のグリフはボランティア活動によって制作されているが、そのせい? なのか、文字デザインに何処となく癖がある気がする…?
また、縦書きに何らかの不具合があるものもある。

和田研フォント・派生

和田研フォントは東京大学の和田英一らによる「和田研漢字分科会」が公開したフォント。フォントの形状を示す線から肉付けを行い、それらの字形を組み合わせることによって複数のアウトライン形式の漢字を半自動で作成する研究を行っていたが、その過程で作成されたフォントを研究結果として公開していた。
(Wikipediaより)

なんと90年代制作のフォント。
元々の和田研フォントはPostScript。明朝体は細明朝と中明朝がある。
派生フォントも含め、縦書きで不具合があるものも多く、横書きでもヒンティングがきちんとされていないのか、プレビューが見えないことがあったりする。
あえて使う理由もないのではないか、という理由で、単純にリストのみで紹介。

長 高弘氏製作のフォント

基本的には組み合わせフォント。もしくは一部改変だったり、仮名部が自作グリフだったり。
横派生がめちゃめちゃに多いのと、普通に使ってみて派生元のフォントとの違いが分かりにくかったので、ここにまとめてリストにしている。
配布ページは全てOSDNのページ
以下のリストでリンクがあるものは、見本ページへのリンク。
在処が分かりにくいものだけメモ。
早乙女明朝・かおる明朝・ことは明朝・小梅明朝は「SaotomeMincho」に入っている。
「KotohaMincho」内は仮名フォント。

BOOTH – nukosuki配布フォント

基本的には組み合わせフォント。または一部文字を略字に改造したもの。
これら以外にもゴシック体系や、オリジナルフォントもある。(一部、R18コンテンツが含まれているので閲覧注意)
以下のリストはBOOTHに表示されている順。

旧字体

  • 馬酔木(あせび)明朝

    馬酔木(あせび)明朝は旧字明朝体フォントです。コンピュータ上の文章を旧字で読みたい、あるいは自分で書いた文章を旧字で表示したい、そんな旧字好きの方へ。

  • IPAmj明朝、三番明朝、錦明朝(愛宕明朝)を合成して、筆押さえや八屋根などのデザイン改変を加えたフォント。

  • 紫陽花明朝

    「馬酔木明朝」の すこしふとめな truetype font と おもっていただきたい。
    梅雨空文庫の外字を追加してある。
    「IPAex明朝」「IPAmj明朝」「錦明朝かな」「kyuji-map-01.txt~kyuji-map-12.txt」をもとにつくった。

  • 五月雨明朝/五月雨明朝M

    内閣告示やJIS例示字体を完全無視した明朝体・旧式明朝印刷体フォントである。
    明治時代の印刷所で印刷したときの雰囲気をあぢわえるフォントである。
    IPA明朝フォントの「派生プログラム」である。
    platex+dvipdfmx でつかうことしか、かんがえていない。

  • 羽入明朝い型
    IPAexフォントに元々入っている旧字体情報を、通常変換される漢字(新字体)と置き換えることで、異体字を扱えないソフトでも旧字体が使えるようにしたもの。

特殊用途向け改変フォント

  • Takao明朝
    Ubuntu標準フォントとしてIPAフォントを改変したもの
  • KB明朝
    旧「Kobo明朝フォント」。楽天のKobo向けってことみたいです。
    以下のリンクにジャンプし、検索窓から「KBMincho」で検索すると出てきます。
  • 青キン明朝フォント
    Kindle表示用にIPA明朝をウェイト変更したもの。
  • KoKin明朝
    青キン明朝、Kobo明朝より太めのフォント
  • DRU05明朝、DRU1明朝、KoKin明朝DRU05、KoKin明朝DRU1
  • グリフを90度回転させたら横書きコンテンツを縦書きで読める!
    KoKin~はKoKin明朝の改変版。

  • 橘明朝(たちばなのあきとも)

    「源ノ明朝」「源ノ角ゴシック」「源柔ゴシック」のグリフからつくったAdobe-Japan1-6 風の opentype font である。
    おもに texで つかうためのフォントである。欧文フォントと くみあわせてつかうことを 前提としている。

番外:小説本文向け有償フォント

前記事にも載せてたので今回も載せます。
明朝体全てを列挙すると大変なことになるので、この記事でも「小説本文に良さそうなもの」を中心にピックアップしています。

mojimoシリーズ

mojimo-manga:3,600円/年
mojimo-kirei:1,200円/年
現在色々なパックがリリースされているが、小説本文用のフォントを使いたいならmojimo-mangaかmojimo-kirei。表紙を自作する人はmojimo-mangaが特にオススメ。
このうち、本文用としてはmojimo-mangaは「筑紫Aオールド明朝」、mojimo-kireiは「筑紫オールド明朝」「筑紫明朝LB」。
「Aオールド」と「オールド」の違いは僅かなので、他にどのフォントを使いたいかでパックを選ぶと良いと思います。
mojimo-mangaはPixivのプレミアムアカウントで3,000円(税別)、またはPixivFanboxの支援者10人以上のアカウントで2,880円(税別)で使えます。

Adobe Fonts

上で無料版の話を書いてますが有料版の話も書きます。導入方法は上の無料版のところを参照。
Adobe Creative Cloudで何らかのソフトを契約してると使えます。
最安値はAdobe InCopy単体880円/月(税別)。年契約だと月580円(年間プラン月々払いの場合。年一括払いだと5,760円)で使えます。
小説本文用に使えそうなものは以下。
色んなフォントベンダーの人気フォント(?)をつまみ食い出来る感じなので、かゆいところに手が届きそうで絶妙に届かない感じのチョイスですが、複数のフォントベンダーを契約すると高いな~って時の候補かもしれません。

  • リュウミンL-KL
  • 凸版文久明朝
  • 貂明朝テキスト
  • マティス
  • 游明朝体
  • 游明朝体36ポかな/五号かな
  • 秀英明朝
  • りょうText

モリサワパスポート for iPad

あのモリサワパスポートのiPad(iOS13.1以降)版です。
モリパス持ちの人は追加課金無しで利用可能。書体数は491。
モリサワパスポート自体は52,500円(年額/税込)とクソ高い高額なので、手を出しにくいのですが、
2019年12月10日~2020年12月31日までの期間限定
で、PC版モリパス未加入でも、iPad版のサブスクに加入出来るそうです! ってことでご紹介。
ラノベで使われてるでお馴染み(?)リュウミンもモリパスで使えます!

  • リュウミンL/R-KL、-KS、-KO
  • 秀英明朝L
  • 秀英にじみ明朝
  • 凸版文久明朝R
  • A1明朝
  • 本明朝-Book 小がな/新小がな

公式:MORISAWA PASSPORT for iPad | 株式会社モリサワ
見本:書体見本 | モリサワのフォント | 株式会社モリサワ

FONT × FAN Hybrid 5

サンプルはAR明朝体L、AR教科書体、Vセイビタカナワです。
日本語フォントに限定しても、収録数がおおいパッケージではありますが、小説本文用としては使えそうなフォントがあんまりないです。
どっちかっていうとゴシック系や毛筆書体系、デザインフォントが多く、ウェイト違いと類似のフォントが多い感じ。
あとフリーで配布されてるフォントも結構な数入ってる
公式:FONT×FAN HYBRID 5(フォントファン ハイブリッド 5) – 製品情報
購入:Amazon | フォント・アライアンス・ネットワーク FONT x FAN HYBRID 5

一太郎バンドルフォント

サンプルは一太郎2017にバンドルされている筑紫明朝Rとマティスです。

一太郎2020プラチナは買いですよ皆さん!!!!
フォントの為に買ってもいいくらい! ジャストシステムさんごめん!
でもマジで買いなんです! 35周年記念パッケージ超やばい!
なんせあのモリサワの人気フォントが! 26書体も入ってるの!(ウェイト違い含む)
小説本文用としてはリュウミンL/RのKLとオールドがな、A1明朝あたり。
リュウミン、しかもPr6N(収録文字数が多い)の他、モリサワフォントが買い切りでこの値段で買えることってそうないと思うので、ぜーーーったいオススメ!
なおリュウミンは私の推し明朝です。
フォントの総額だけ見ても驚異の90%オフ!(計算した!)
見て!!!!!

2020年版が35周年記念パッケージということで特別付録って感じなのですが、2021年版以降にも何かしらのフォントが付属します。
これまでのバンドルフォントは
2016:モトヤ8書体
2017:フォントワークス10書体
2018:イワタ8書体
2019:秀英8書体
公式:日本語ワープロソフト 一太郎2020 | ジャストシステム
圧巻の26書体を特別にラインナップ!「モリサワフォント」 | 一太郎2020 | ジャストシステム
関連記事:Word歴10年以上の私が一太郎初見プレイ

イワタ明朝体オールド

サンプルはイワタ中明朝体オールドです
otfは19,440円、ttfなら9,720円という低価格で買えます。
買い切りの価格としては(私的には)すっごく安いです、とても!
オールド系だけど、崩しすぎていない、クセのない明朝体です。
この見本は中明朝体ですが、(細)明朝体の方が好みの方もいるかもしれませんね。
欠点はダッシュくっつかないくらいですかね…。2倍にするか、別のフォントに置き換えましょう。
公式:明朝体オールド 書体仕様|製品情報|株式会社イワタ

清和堂明朝(OpenType)

本文用の明朝体を通して読書文化に貢献したいと思っています。
清和堂明朝体は読むことを追求した明朝体として制作されました。

元・写研デザイナーの方が制作しているフォント。
グローバル・文芸・和様の3種があり、グローバルがスタンダードな見た目、文芸がより小説向きな感じ、和様はかなが行書体。
小説本文用としては文芸のLかRがいいかなって感じです。
※2020.03.29現在、デザインポケットの価格で、1ウェイト5,500円(税込)、フォント3ウェイトセットが13,750円……
いやいやいや めちゃめちゃに安いな!?
注意点として、Std版 収容字種 Adobe-Japan1-3 (9354字)ということなので、これで出ない漢字を使う場合は注意。
収録文字数に関しては後述
公式:清和堂フォント

フォントメモ

かなフォントなど

有償フォント

その他

配布されていないフォント、配布終了のフォント、フォントに関する本など
以前紹介していたもので変更があったものなど

詳細をチェック出来ていない

  • BitStream – Cyberbit
    • たぶんBitStreamの購入者向けのDL用URL
  • 萌神フォント
  • 嵯峨本フォントプロトタイプ
  • 15×15ドット文字・有明(ありあけ:修正版)
  • 芙蓉明朝
    • sfd。ttf、otfではない

フォントにかかわるあれこれ

ライセンスの話

(文章は作ろうぜまとめからそのまま転載しています)

有償・無償問わず、フォントにはライセンスがあります。
ライセンスっていうのは「どういう用途、どういう範囲で使っていいよ、いけないよ」っていう規定です。
ダウンロード時には必ず規約を確認してください。
同人誌は金銭収受がある為、基本的には商用利用可能なフォントを選ぶのが無難です。
また、電子書籍化(PDF、EPUB)を考えている人は、そこについての規約もよく読んでください。PDF埋め込み可でもEPUBなどは別途許諾が必要である場合があります。
フリーフォントの中には「個人利用可(=商用利用不可)」のフォントがありますが、日本語フォントだと「同人誌利用可」のフォントもあります。
使用の際に著作権表記が必要なフリーフォントとかもあります。
フォントはインストール時点での規約が適用されます。インストール後に規約が変更されても、新しいバージョンで上書きしなければ関係ありません。
通常はライセンスが大幅に変更されることなんてないんですけど、1度これ関連の騒ぎがあったので書いておきます

英語のライセンス表示
  • 100% Free
  • 商用利用・個人利用問わず無料、但し著作権表示が必要な場合も

  • Free
  • 無料。個人的にはどういう意味で無料なのか怪しくて使えない

  • Free for personal use
  • 個人利用無料。同人誌の範囲の解釈が人によって違うので避けるが無難

  • free for commercial use
  • 商用利用無料。

  • GNU General Public License(GPL)
  • オープンソースライセンスの一つ。商用利用出来る。

  • SIL Open Font License(OFL)
  • フォントのオープンソースライセンス。商用利用出来る。

  • Public Domain
  • 公的財産。著作権切れや、著作権が放棄されたものなど。商用利用出来る。

  • Donationware
  • Donation=カンパ。カンパなしで使う場合は著作権表記が必要な場合がある。

  • Shareware
  • シェアウェア。お金を払って使うもの。

  • Demo
  • シェアウェアのお試し版。商用利用不可。
    日本語フォントだとお試し版フォントでも商用利用可能なものが存在する。

ダッシュがくっつかない

「でも――…」といった感じで使われている、この文字。
「ー(長音記号)」でも「─(罫線横)」でもなく、「ダッシュ」です。「ダーシ」とも呼ばれます。
フリーフォント、有料フォントにかかわらず、ダッシュとダッシュの間が空いてしまうものがあります。
その為、ダッシュ同士の字間が空いてしまうフォントについては、以下の記事を参考にダッシュを作ると良いと思います。
参考:その二倍ダーシ、くっつきますか?
参考:Wordで小説本 応用編(1)ダッシュをつなげる | 本を作ろう
参考:文字列およびその他の項目を検索、置換する – Word

TrueTypeとOpenType、StdとProって?

基本的にはどのソフトでもTrueTypeでもOpenTypeでも使えるので、通常は意識する必要はありません。
気にする必要がある場合といえば、Word単体でPDFを出力する場合が真っ先に思い出されます。WordではOpenTypeも使えますが、Word単体でのPDF埋め込みはTrueTypeのみです。OpenTypeを埋め込むには、別途PDF出力ソフトが必要です。
拡張子は、TrueTypeが「.ttf」、OpenTypeが「.otf」です。複数のTrueTypeファイルをまとめた「.ttc」もあります。
OpenTypeはTrueTypeの弱点を補うために開発されたもので、合字機能、異体字の情報や文字詰め情報を持たせることが出来ます。

大きく異なる点は収録文字数です。
TrueType/JIS90:約6,900字
TrueType/JIS2004:約11,200字
OpenType/Std:約9,300字
OpenType/Pro:約14,400字
OpenType/Pr6:約23,000字

基本的にはTrueType/JIS2004、OpenType/Stdの文字数で充分です。
この収録文字数は、有償フォントを購入する際の指標になります。文字数が多いほど高額になります。使用頻度が低い漢字、難しい漢字を使わないのであれば、TrueType版やOpenType/Std版を検討して良いでしょう。
フリーフォントにおいては、TrueTypeとOpenTypeの両方を配布していることは少なく、たいていどちらかの形式しかありません。収録文字数もフォントにより異なります。使用するソフトのフォントの対応状況や、使用するソフト・書き出しするソフトとの相性、文字デザインの好みで決めてしまって構わないでしょう。
参考:Stdフォントとは (Proとの違い) | Proフォントとは (Stdとの違い)

縦書きPDFのレイアウト崩れ

縦書きPDFでは、レイアウト崩れや、記号が正しく回転しない問題がありますが、それらの問題の原因として考えられることは、以下のようなものがあります。

  1. フォントファイルに問題がある
  2. 編集ソフトに問題がある
  3. PDF出力ソフトに問題がある
  4. OSに問題がある

また、上の原因は単独で起こるだけでなく、たとえば編集ソフトとPDF出力ソフトの相性が悪い、なども考えられます。
OS標準フォントについては、OSのアップデートが入った時にフォントファイルにもアップデートが入ることがあり、それにより問題が起こる場合も(稀に?)あります。
一時、Windowsの游明朝で記号回転がおかしくなったことがありましたが、これはWindowsアップデート時に游明朝にアップデートが入り、そのバージョンのものが不具合を起こしていた、と言われています。
縦書きPDFで上手くいかないことがある場合、上のリストの上から順に検証してみてください。(3までは検証出来るはず)

フォントの選び方が分からない

明朝体全体としてのイメージには「大人っぽい」「真面目」「優雅」「上品」「知的」「女性的」などがあります。
最近だと高輪ゲートウェイ駅の駅名表示に「和のイメージ」で明朝体が採用されて話題になりましたね。
小説本文用のフォントだと、「自分の文章に合うのかどうかが分からない…」ということですが、

パッと見て好みのものを選んでいいです。

というのは、「文芸向け」と言っているフォントでも、「こういう文章向け」という風に称しているフォントはないからです。
色気が凄いでお馴染み(?)筑紫Aオールド明朝でも、公式は「美しい打ち込みや伸びやかなハネ、ハライが特徴的な書体」「テキストを組んだ瞬間に音を発するような書風です」としか言ってませんからね。「色気が凄い」はあくまでも「見た人がそう思った」だけなのです。主観なんですね。
この記事では「小説本文向けオススメフォント」などと書いてはいますが、人によっては「合わない」と感じることがあるかもしれません。

参考記事・書籍など

フォントまとめ

フォント関連の本・同人誌

font-twittercard
前作「小説同人誌向け明朝体フリーフォントまとめ」が同人誌になりました。
文字見本であることはもちろんのこと、小説にした時にどういう見た目になるのか? という印刷見本を兼ねています。
小説同人誌でよく使われている印刷所を利用しているので、実際にどういう印刷結果になるのか? が分かります。
現在は通販でご購入いただけます。詳しくは特設サイトで!
それ以外にもこういうのがあります!

おわりに

前身「小説同人誌向け明朝体フリーフォントまとめ」の初公開(2014年)から6年。
私もこーーーーーんなにたくさんの明朝体を調べてリストアップすることになるとか全く思いませんでした。
今まで知らなかった明朝体も、これから出てくる明朝体も、みーんな知りたい!
ということで、
ここに載ってない明朝体フリーフォント!
新しくリリースする明朝体フリーフォント!
自薦他薦問いません!!
ほんとに「片っ端から」載せますので!
是非教えてください!
お待ちしてまーーーーーーす!!!

謝辞【03.31版】

サンプル用にこちらの小説を使用させていただいております。
「冬の涙」/「しづる@自家通販なう」の小説 [pixiv]
「【FF6】エドリル本 星の夜は手を繋いで【完売しました】」/「夏海」の小説 [pixiv]
「【P5】成績優秀な二人の話【主真】」/「アカツキユウ」の小説 [pixiv]

凸版文久明朝のサンプルはたるとたたん さん(@junshanyinzheng)に制作いただきました。
mojimo-kireiのフォント、りょう、一太郎バンドルフォントのサンプルは悠さん(@you_at_pedal)に制作していただきました。

よろしければ

今後もこの記事をはじめ、同人にお役立ち情報を色々発信していきたいです!
記事の更新、新しい記事の執筆へのご支援よろしくお願いします!(FANBOXは4月から開始予定です)

マシュマロへ応援メッセージも大歓迎です★

更新履歴

2019.03.31 初版


アンソロが欲しいから主催したい!

皆さん……
推しキャラや…推しカプが……
たくさん詰まったアンソロ…
欲しくないですか…!?
私は欲しすぎて3回もアンソロ主催しました!!

今回の記事はマシュマロリクエストで「アンソロを作るための記事」をお願いします! とのことでしたので書いてみました。
これからアンソロを作りたい人、参考になるといいなー! と思います!

続きを読む


スマート小説本を作る

※スマート小説本=スマートフォンで作った小説本

iOSにもAndroidにも様々なアプリが登場し、いよいよスマホひとつで小説同人誌が作れる時代が来てしまった。
WinもMacも要らない、手の中の小さなデバイスひとつで――…

という訳で、今回はスマホひとつで小説同人誌を作る為のツールをご紹介します。
ざっくり「どんな感じか」もあわせて紹介しますので、ご参考にどうぞ!

この記事について

  • 使用デバイスはiPhone/iPad/Android
  • OSを問わないWebツールも対象
  • 「外注する」という方法は記事掲載対象外

という基準でお送りします。

※記事を書き始めてから公開までにだいぶ間が空いてしまったので、最新情報と一致しない点があるかもしれません。
お気づきの点がございましたら、マシュマロとかで教えていただけると有難いです。

おことわり

この記事にはとりあえずデータは作れるを基準に掲載しています。
実用出来そうかどうかについては個々に記載していますので、記載内容から、あるいはご自身で確認の上でご利用下さい。

本文:アプリ編

「作ろうぜ」まとめとは逆に、本文制作アプリからご紹介します。
何故なら、本文データが制作可能なアプリは、ほとんどがエディタなので、執筆環境を兼ねているからです。

縦式(iOS)


iOS版

価格:無料
広告:あり(アドオン:360円)
Pisiv Fanboxで支援

只今私イチオシの縦書きエディタ+PDF生成アプリです。Mac版もあります。
搭載機能など、詳しくは縦式ヘルプをご覧ください
正直広告除去アドオンめっちゃ安い…と思ってたらPixiv Fanboxが開設されたので、使いたい方は是非援助しましょう!
月100円~出来ます。

アプリの中ではこれが一番細かな組版設定が出来ます。
余白も字数行数もフォントサイズもなんもかんも決めて作ります

いいとこ
  • ルビ対応(青空文庫形式)
  • 挿絵対応
  • 画像出力対応
  • カスタム用紙サイズ対応
  • ユーザーフォント対応
  • 組版設定を細かく決められる
  • フォント種関係なく濁点付き仮名対応

正直機能の全てを「いいとこ」に書きたいくらいですが、多すぎるので割愛。
組版に慣れてる人は、このアプリがいちばん「概ねイメージ通りにつくれる」と思います。
カスタム用紙サイズに対応しているので、小冊子印刷用に変形した用紙設定も作れます。GOD

わるいとこ

このツールにこれ以上を求めるなんてとんでもない
しいていえば、全体的に設定項目がかなり細かいので、初心者が戸惑いそうってところ。
というか初見でプリセットロードする位置分かるかな…?
ただ、今ユーザーがもの凄く増えてるので、もしかしたら「私の設定はこれ!」っていうのを上げてる人がいるかも。

TatePad(iOS)


iOS版

価格:無料
広告:あり(アドオン:610円)

後述の「TATEditor」と名前がめちゃめちゃに似ているので注意。TatePadです。
私もしばらく間違えてた。TatePadです。(強調)

UIも機能も縦式よりシンプル。方向性が違うんだね。
こちらもアプデがちょこちょこ入っています。
今後の更新でどう変わっていくのか楽しみな1本だったりします。

ちょうーーーーーーシンプルです
用紙サイズや余白、行数を決めたら、あとはその設定内で文字を入れられるだけ入れてくれる感じです。
文字数調整したかったら余白を調整していく感じ。
行間は行数と余白から算出して適当に決めてくれます。

いいとこ
  • 組版設定が細かくないとこ
  • 画像出力対応
  • 書き出しリアルタイムプレビュー
  • ユーザーフォント機能

特に細かく設定出来なくていいんですよ…っていう人はこちらに軍配。
PDFを出力する際、設定を変更するとリアルタイムでプレビューを変更して表示してくれます。
これ便利。PDF表示アプリと行ったり来たりしなくていいのスゴイ楽です。

わるいとこ
  • 見開き余白設定が出来ない
  • ページ番号に関する設定が細かく出来ない
  • 組版設定が細かくないとこ
  • 禁則処理ないっぽい

上ふたつがな~~~~~~!!!!!
余白設定が「左右」で、「小口/ノド」じゃないんですね!
つまり右ページも左ページも余白設定一緒なんで、小口/ノドのつもりで余白を設定すると、右ページのノド余白全然ないみたいな感じになっちゃいます。
左右同じ余白にすればいいけど、そうすると小口すかすかノドきつきつとかになりそう
厚い本を作りたい人にとってはやりにくいところかもしれませんな!!
ノンブルも同様で、右ページは右寄せ、左ページは左寄せ、とか出来ないしフォントサイズも変更出来ない。
紙面バランス取りにくいですね。

禁則処理は右ページの途中、行末にカギカッコの始まりが入っているところがあります。

組版設定が細かくないとこ……はガチガチやりたい私みたいな人に合ってないという意味で。
いいところでもあるし、わるいところでもある。一長一短なのだ。

Pages(iOS)


iOS版

価格:無料
広告:なし

Apple謹製。ついに縦書き対応したぞ! って話題になりましたね。

画面はiPad版です
上2つと違い、余白設定は直感的にドラッグで決める。
単位はcm。iPhoneは1cm単位、iPadは0.5cm単位。何故違う。
文字は設定したエリア内に入るだけ入れる、といった感じ。
フォントサイズは1pt単位。
フォント種はデフォルトのものに加え、AnyFontなどでインストールしたものも使用可能。
行間は倍数指定。0.25刻みで設定。
ルビの設定や縦中横(横方向に回転)機能、傍点や傍線も引ける。
レイアウト指定の時に文字を表示することは出来ないが、文字が入るエリアを直感的に操作出来て、入力中は設定したレイアウトで表示出来るのは分かりやすいかも。

いいとこ

とにかく直感的に出来るところ。
数字入れたりしないで、タップドラッグで調整出来る。

わるいとこ

何故iPhoneとiPadで設定単位が違うのか!!!!!(私にとっては割と致命的)
多分あの小さい画面で細かい設定せんやろ、とか出来んやろ、とかその辺細かく出来るようにするのがめんどいとかそういう理由なんだと思っているけど実際どうなのAppleさん。

メモ


「ー(長音記号)」がおかしくなってる。(普通ウロコが左に来る)
それ以外にも記号は何か変になるのかな。フォント種のせいではないみたい。
あと行間はフォント種依存みたい。
サンプル画像は源暎ちくご明朝(行間隔1.5)だけど、これをヒラギノにしたら行間が空いた。行間1でいい感じだった。

ヘルプもiPhoneとiPadで別ページになってるご様子
iPhone版 | iPad版

TATEditor(iOS/Android)


iOS版 Android版

価格:無料
広告:なし
Pixiv Fanboxで支援

現在Win, Mac, Ubuntu, iOS, Android…と、主要なOS全てで使えるスゴイアプリなんです。
フリーソフト…だと……
ってことなので、支援したい方はPixiv Fanboxへ。

文字サイズ、行間はpt指定。0.1単位で設定可能。
余白はmm指定。これも0.1単位で設定可能。
1ページ行数・字数は自動で計算してくれる(画面下に表示されてる)。

いいとこ
  • エディタの背景色が決められる
  • 文字をユニコード番号で打てる
  • 小説でよく使う文字を入力する専用キーボード

例えば源暎こぶり/ちくごやしっぽり明朝の濁点つき仮名をこれで打てます。番号を覚える必要はあるけどね…
専用キーボードでは2倍ダーシや3点リーダ2つ、全角空白を打てます。便利。

わるいとこ
  • ヘルプがない
  • PDF出力設定は保存されない
  • ノンブルまわりの設定は一切ない

かなり分かりやすい設計ではあるものの、ちょっとヘルプ欲しい時があった。
PDF出力設定は保存されない(毎回デフォルトに戻る)ので、毎回設定しないといけないのはちょっと煩わしいかな。
よく使う設定をプリセット保存出来るといいんだけど…

私的にはノンブルまわりの設定が一切ないのが1番困るかな…
開始番号はもちろん、位置調整もサイズ調整も出来ないし、紙面ギリギリ感あってバランス取りにくいな…と。
ここが出来ると私的には設定が縦式よりやや簡素でいいと思うんだけどなぁ…

Microsoft Word(iOS/Android)


iOS版 Android版

価格:無料 * 説明参照
広告:なし

なんとあのMicrosoft製のWord! が使えます。
保存にOneDriveと連携します(=Microsoftアカウントが必要です)
iPhone、Androidは無料で使えますが、10インチ以上のiPadではOffice365の有料ライセンスが必要です。
Androidタブレットはそういうことがないみたいなんですが…何でじゃ…
なので私の所持しているiPad Proはモロにデバイスサイズで引っかかって使えませんでした。

参考:【iPhone/iPad】Ofiiceの無料版と有料版の違いは?差を比較!


MicrosoftのWordということは、各印刷所や、各所で配布されているWordのテンプレートが使えるということです。
これは私が配布しているWordのテンプレ(A6/42字×17行)を開いて作りました。

アプリ版ということで使える機能に制限はありますが、単純流し込み程度で作るなら問題ないレベルです。
ページ設定や段落設定がいじれませんが、配布されているテンプレートはその辺設定済だと思いますので、いじる必要はないでしょう。
フォント種やサイズの変更も出来ますし、スタイル設定も出来ます。
ヘッダーももちろんいじれるので、柱部分にタイトルを入れたい場合も自分で入力出来ます。
但しページ番号の変更が出来ないので、例えばページ番号5から始めたいのにテンプレートが3からって場合は困るところ。

いいとこ
  • 印刷所や有志が制作したテンプレートが使用出来る
  • アプリ上で執筆出来る
  • 印刷レイアウト表示モードとエディタ表示モードの切り替えが出来る
わるいとこ
  • 本文フォントが実質MS明朝か游明朝の二択(メモ参照)
  • ページ番号が変更出来ないなど、かゆいところに手が届かない
  • 長文入力してると重くなりがち
メモ

iOSでの確認です。
フォントはOfficeで使えるフォントは全て使えます。必要であればWordが追加ダウンロードしてくれます。
というわけでMS明朝と游明朝が使えます。
もちろんiOS標準フォントや、AnyFontなどを使ってインストールしたフォントにも変更はできますが…
iOSでPDF化した場合、Office標準フォントでないと正しくフォント埋め込みが出来ないようです。
これはWindows版と異なり、フォントデータがttfかどうかは関係ないみたい。
試しに源暎こぶり明朝v4で出力してみたら、全フォントがゴシック体になってしまいました。

本文:Webツール編

iOS/Androidを問わず使えるWebツールをご紹介。
料金について記述していないものは全て無料で使えます。

Web版威沙

Web版威沙通常サーバ | モバイル版
Pixiv Fanboxで応援

Win版の小説組版用フリーソフト「威沙」をWebで使用出来るようにしたものです。
Win版に比べて機能制限はありますが、同じく無料です
モバイル版はUIをスマホ向けにしたもの。使いやすい方で使いましょう。

使い方は超簡単。
何も考えずに「本文」のところに小説のテキストを流し込んで、「PDF変換」ボタンを押すだけでPDFが生成されます。
めっちゃ簡単。(大事なことなので)

初期状態でいじらずに作ると、A6(文庫)、本文がIPA明朝、42文字×17行、扉・奥付なしのPDFが生成されます。
このPDF、何も設定しなくても「右開き・見開き表示」に設定されてるんです。
地味かもしれないがめっちゃいいと思うところ。

このPDFは「プロファイル」のところで「HJ文庫」を選択しました。
Word使ってると「詳細設定」の「出力形式」のところで「見開き」を選びがちなのですが、「見開き」を選ぶと左右ページがくっついてるものが生成されますので、「電子書籍」または「1ページ単位」を選びます。
…が、デフォルトで「電子書籍」なのでいじらなくていいな。

いいとこ

・各種小説系SNSルビ記法対応(対応記法は威沙公式を参照)
・目的に応じて色々なPDFが作れる
・他のツールにない「中綴じ面付済PDF」や「折本用PDF」が作れる
・余白設定で塗り足し込みPDFも作れる
・色んなプロファイルが用意されているので、Webツールにありがちな「見た目が一切変更出来ない」ストレスが少ない
・スマホで入力しにくい文字も「便利ボタン」で入力出来る
・扉や奥付が作れる

…正直挙げきれんので実際使って体験してほしい

わるいとこ

このツールにこれ以上を求めるなんてとんでもない
しいて言えばノドがやや狭いプロファイルが多いので厚い紙を使ったり、ページ数が多い本だと見えづらくなる恐れ
(※A6文庫ノド調整版はかなり広いが、その分小口がめちゃめちゃ狭い)

あとフォント種とかはプロファイル依存なので、「あのフォントを! これで使いたいのに!」っていうのが叶わないんですね…
でもWebツールとしてはいいものだと思うよ…

余談

今後Windows版の紹介記事も書く予定です!!!!
Windows版の方が気になってる方は是非!!!!

縦書小説PDFメーカー

縦書小説PDFメーカー | シメケンプリント

印刷所さんが設置しているツール。
この印刷所さん自体も1冊から印刷出来て超安い。
1,000円以下で試し刷り出来る印刷所まとめ」でも紹介させていただきました。

いいとこ

・とじしろ有りにするとノド広めで作れる。厚い本向け
・塗り足し込みのPDFが作れる
・挿絵だけでなく、背景画像入りで作れる
・ルビ振れる
・印刷所さんのツールだけど他社入稿用に使ってもOK

わるいとこ

・各サイズで文字数×行数設定が1種類しかない
・文字数がちょっと少ない
・本文フォントの選択肢が少ない

メモ

「明朝体」は源暎こぶり明朝でした(otfなので昔のVerかな?)

Pixiv(小説PDF化機能)

プレミアムアカウント(月額約500円)向け機能。
プレミアムじゃなくても使えるけど、ページ数制限があるので、1冊きちんと作るならプレミアム必須。

PDF変換は作品管理画面の各作品に「PDFに変換」リンクがついてるので、そこから。
投稿済の小説作品をPDFにするツール=Pixiv記法が全て使えます。
扉・奥付ページも作れる。飾り枠とか入っててオシャレな感じ。

リリース直後くらいに使ってみたレビューはこちら
ログは残っていませんが、この直後のものからバージョンアップは確実に入っていますので、直後のまとめはあくまで「当時こんな感じでした」というのを知るのに読んで下さい。
他のツールではあまり見ない感じのことだと、A6でも2段組が選べます。珍しい。

いいとこ

・ノドの広さが他に比べて心持ち広くて安心感がある
・天地設定が基本固定

わるいとこ

・レイアウトが各サイズ1種類しかない
・フォント選べない(謎のIPA系派生フォント?)
・ノンブル開始が1か3のみ
・↑扉入ってても本文が3から開始になるので大変紛らわしい

文章を縦書きPDF化するやつ

文章を縦書きPDF化するやつ

pictBLandという、BL特化クローズドSNSが設置しているツールです。

いいとこ

・圧倒的に出力が早い
・何がどうなってるのか分からないがめちゃめちゃファイルが軽い
・A4が作れる

わるいとこ

・全体的にレイアウトが入稿向きではない(特にノドが物凄く食い込みそう)
・ページの左右という概念もない(ノンブル位置などが全ページ一緒)
・本文レイアウトが各サイズ1種類しかない
・本文フォントが「小塚明朝Acro」(※1)(※2)

※1…小塚明朝Acroは印刷所がよく「使用しないでください」と書いているフォントの一つ
※2…小塚明朝は小説本文用としては読み流しにくい部類のフォント

そもそも小塚明朝ってそういう使い方していいフォントなの?

というわけで入稿用としてはちょっとオススメ出来ない

にこぷり.com

にこぷり.comは日光企画という印刷所が設置しているユーザーサービスサイトです。
この中のサービスのひとつに「小説編集」の機能があります。
ブログで入力するみたいに、っていうのがウリらしいです。

日光企画入稿専用です。
生成されたPDFはレイアウト確認用のサンプルで、「SAMPLE」の透かしが入っています。

いいとこ
  • 章/節分けが出来るので長編書きたい人はいいかもしれない
  • ブログみたいに書ける(自称)
  • 文庫2段が選べる
  • ルビ振れる(独自形式?)
わるいとこ
  • レイアウトは選べない
  • フォントも選べない(明朝かゴシックは選べるが実質一択)
  • 柱位置が上固定(上ノンブルを選んでも並んでくれない)
  • 本文のノンブル開始番号が1(扉ページを含めて4か5から開始のはずなのに1)
  • フォントサイズは選べるが何故か9ptだけ選べない(A5でよく使われるサイズ)
  • 短い文章でもPDF生成に時間がかかるので文章の調整がすぐできない
メモ

「プレビュー」なのでそのままかどうかわからないけど、「出来上がり状態を確かめる」ものだと思うので、やっぱりそのままなんだろうなぁ…
このデータは日光企画さんにしか入稿出来ないということは、これで不備なし扱いになるでしょうから、「入稿データ的には」ノンブルは大丈夫なんじゃないかな…
私はノンブル数字ちゃんとなってないと気持ち悪いけど…
ちなみにフォントはMS明朝だったので、ゴシックもMSゴシックなんだろう予想。

画像ないけど試したものメモ。
A5 2段組 8.5pt 明朝体=27字×25行×2段
文庫 1段組 8.5pt 明朝体=41字×17行

ちなみに日光企画は電話のお姉さんがメチャ優しいらしいぞ

小説の縦書きPDFを作ろう!

小説の縦書きPDFを作ろう!

掲載してる中では一番新しい、後発ツール。

てんかわ図書のPDF出力機能は、Web小説の書式から簡単に出版レイアウトを作るのがコンセプト

だそうで、作者さん曰く「自分はこんなツールがほしいんだと、完全自分ニーズで作ったサイトです」とのこと。
ユーザーの意見を反映して今後アプデされる可能性が大。

いいとこ
  • 細かに設定出来るUIにはなっている

多分開発途中なのでこれから変わるんだと思うんだけど、今これしか書けない。変わると思うから。
もう列挙するときりがないので、ページを見て欲しいんですが、1から10まで全部設定出来るくらい細かいです。
正直iPhoneでアクセスすると細かすぎる! って思ったくらい。
特筆すべきはルビサイズとかまでかなり細かく設定出来ることで、私みたいに超細かい組版したい人向けになるでしょう。
今後に期待。

うーん細かく設定出来るのはいいけど、そうなるとUIには困るものなのだな…。

わるいとこ
  • 見開き設定が出来ない

真っ先にこれでぶったぎっちゃうんですが、余白は「天地小口ノド」ではなく「上下左右」なんですね。
なので、せっかく超細かく設定出来るのに、紙面に対してセンタリングで作るしかないです。

本文:メモ

アプリのメモです。確認出来てないもの。

  • Scrivener(iOS)
  • 海外製。有料かつ高額だったので確認見送り。
    アウトラインエディタらしい。
    Mac版のScrivener3は縦書きに対応してるらしいけど、iPhone版が対応かどうかが不明。
    Win・Mac版は試用版あり。

  • 鬼シンプル脚本作成アプリ(Android)
  • Androidだったため確認見送り。
    Google Playのレビュー欄がボロボロなんだけどどうなってるんだろう。

  • Polaris Office
  • これで縦書きPDF作ったらしい記事を見かけたけど確認見送ったので現状ここ。

  • 小説家になろうのPDF化
  • 自作をなろうに上げてないので確認見送り。
    あとPDF化についての諸々の記載を確認出来ていない意味でもメモ欄送り。
    追記:フォント埋め込みされていないという最大の理由で入稿用としては使えない

表紙編

字書き様方最大のお悩み、表紙です。
外注してる方も多いかと思いますが、今回はあえて自作のみを取り上げています。
外注してる方は次の項目に飛んでください。

アイビスペイント(iOS/Android)


iOS版 Android版

価格:無料
広告:あり(アドオン:980円)
プレミアム機能:月額300円

スマホのお絵描き民の皆様にはお馴染み、描いてるところの動画が撮れるお絵描きアプリ。
広告除去アドオンを入れた状態でインストールするのが「アイビスペイント」。
無料版が「アイビスペイント X」。
プレミアム機能はどっちにもついてないので、どっちを入れても月額課金の必要があります。

個人的に特筆すべき点として、フリーフォントの大半がアイビス内のリストに用意されていて、必要に応じてDL/アプリ内インストールしてくれます。
つまり表紙デザイン用にフリーフォントを探しに行かなくても、アイビス上で探すことが出来ます。
但し、フォントデータをそのまま入れますので、入れすぎると容量めっちゃ食いそうかな、気を付けてね。

注意点として、メモリに対するキャンバスサイズ制限があるため、iPad ProでもA5背幅込みサイズのキャンバスは作れませんでした。B5+3mm/350dpiくらいが限界だったはず。A6ならいけるかも。
ねこのしっぽさんはアイビスでの作り方に加え、アイビスのテンプレを用意してくれてます。
(背表紙側と裏表紙側は真っ白ってことなのか…? は良く分からないけど表紙側の説明しかない)

参考:スマホで出来る!小説同人誌のつくりかた

メディバンペイント(iOS/Android)


iOS版 Android版

価格:無料
広告:あり(アドオン:730円)
追加フィルターパック:490円

スマホ系OSのみならず、Win/Macでも使えるお馴染みのアプリ。
何処に書いても言っちゃうけど、あのフォントメーカー有料サブスクフォントがタダで使えるとあって、フォント界を震撼させたアプリであります。
つまりこちらもデザイン用のフォントを探しに行く必要がありません。
クラウドフォントを使うチェックをしましょう。

Win版同様、背幅込みのデータをガイド表示ありで作れる。
デザインに使われるソフトと違って正確な位置合わせは困難ではあるけど、これがスマホで出来るっていうのが凄いこと。

CLIP STUDIO PAINT(iOS)


iPhone版 iPad版

価格:無料(iPhone版)、有料(iPad版)
お試し期間:6か月
※iPhone版はiOS13以降

Win/Macでめちゃめちゃ使われてるあのソフトがiPadで使えるっていうんで話題になったやつ。
ついにiPhoneにも登場。時間制限ありだけど、CLIPPYで時間延長出来ます。
サブスク価格はiPhone版・iPad版とPRO/EXで異なる上、別々の課金になるのでそこは注意。
iPhone版のEXの課金額がアイビスのプレミアム課金と同一価格なので、原稿目的で課金するならこちらの方に軍配。
CLIPのIDはもちろん使用中のIDをそのまま使えるので、Win-iPad-iPhone間で作品や自分の素材を同期出来るし、購入した素材ももちろんそのまま使えます。

フォントについては、ユーザーフォント機能とかはないので、AnyFontとかでインストールしてやる必要があります。
インストールすればリストに出て来ますし、Win版同様に合成フォント機能も使えます。

Canva


iOS版 Android版

これアプリがあるのでアプリのリンクで紹介してるんですけど、自分で確認したのと、中の人にハッキリこう↓言われてるので、ブラウザ版をお勧めしておきます。

使用感については超共有されてるこちらの記事の方が圧倒的に詳しいと思うので、私は雑にしか確認してません!
こっちの記事読んで下さい!(雑!)
参考:Canvaと「かんたん表紙メーカー」で3分で入稿できる表紙を作る
参考:CanvaでA5同人誌の入稿データを作る【背表紙攻略方法】

その他:使うかもしれないアプリ

フォント編

ユーザーフォント機能があるアプリも多数あるものの、その機能を備えていないアプリも多数あるので、候補を知っておくのはいいと思います。
Androidは機種によって対応状況が異なるそうなので、対応機種を確認してくださいまし。

※iOS13になってフォントインストール系のアプリが増えたので、後日もうちょっとリスト増やします。…iOS13にしたらね…。

素材編

この記事では「検索の為のアプリが用意されているもの」かつ「フリー素材」に限定しました。
それ以外の素材サイトの紹介は「磯野ー! 小説同人誌作ろうぜー!」で見てください。

圧縮アプリ

zipで送らないといけない場合がほとんどだと思うので。
(Android版調べ忘れたので後日追加します)

  • Documents by Readdle(iOS

おわりに

通勤通学のちょっとした時間に、手元のデバイスだけで小説本が作れちゃうって凄くないですか!
わざわざPCの起動を待たずとも、お布団でごろごろしながら編集ができる!
きっちりきっちり作るならPCを使う必要はあるでしょうが、そうでなければスマホひとつで。便利になったものです。
是非チャレンジしてみてくださいね!

他の情報が知りたい!

小説同人誌作成に関連しそうな項目のまとめはこちら!
本出そうな!

よろしければ

今後ともまとめを作っていきたいと思います。
マシュマロへ応援メッセージや、Donationのリンクからお茶奢っていただけたりすると励みになります~よろしくお願いします!

ところでサンプルは何の小説なの?

Twitterの集団幻覚で書いた私の小説です………
一応出典として記載しますが、読めるのは相互フォローの人だけです……


小説同人誌:MS明朝論争に終止符を

この記事は小説同人誌向けの話をしています。
ビジネス文書や商業書籍・商業デザインの話はしていません

あまりにもちょこちょこ小説同人誌の本文にMS明朝を使うことの是非/可否の話が上がって来るので、論争に終止符を打つためにこの記事を書きます。
まさかフォント単体記事を書くことになるとは思わなかったぞ。
しかしそれくらいもう何度も見る話題なんです。
そして物凄い勢いで論旨がズレていく内容なんです。

というわけで、MS明朝について、そして小説同人誌の本文にMS明朝を使うことについてお話したいと思います。

続きを読む


解像度って何なんだよォォォォ!!

…っていう声がマシュマロによく届く(※2回)ので、記事にまとめました。
解像度に関係することもいくつか追加で書いておきました。
解像度に悩まされている方のもとへ届けー!

続きを読む


Photoshopのノンブル作成スクリプトが便利すぎる件

CLIP STUDIO PAINTには、ノンブルや隠しノンブルの機能があります。
が、隠しノンブルは、通常のノンブルと違って細かい設定が出来ません。
ついでに、隠しノンブルは縁取り出来ません。
…もとい、出来ますが、個別にページで縁取り設定をする必要があります。
正直めちゃめちゃに面倒です

かといってPhotoshopのオートアクションで自動ノンブル振りした後で、1ページずつ数字変えるのも面倒…
ページ数が多い時なんかはいちいちそんなことしてられないよ…
しかも入稿前のギリッギリの時にそんな……

という訳でPhotoshopのノンブル振りスクリプトを導入しました。
自分用覚え書きも兼ねて、カスタマイズ方法などまとめておこうと思います。
Photoshopをお持ちの方は参考にどうぞ!

続きを読む


コピー本が捗る小冊子印刷

みなさーん! コピー本作ってますかー!!
私はー!! 折るのがめんどくさいので出来れば印刷所に入稿したいです

さて、以前よりセブンイレブンはセブン‐イレブンのマルチコピー機で同人活動をもっと手軽に・もっと楽しく!という特設サイトを作って、コピー本推ししていたのですが、つい先日、ローソン・ファミマ・セイコーマート系で使えるSHARP製マルチコピー(ネットワークプリント)も小冊子印刷に対応したようです。
ということで、この記事では小冊子印刷について書いていきます!

(2019.06.29 とりあえず今回はファミマでのネットワークプリントの話を中心に書きますが、再度確認し次第セブンの小冊子印刷との比較も書きたいと思ってます!)

続きを読む


Word歴10年以上の私が一太郎初見プレイ

10年近く前に実況プレイ動画やってたアカツキユウです!
今回の記事に微塵も関係ないけど!

さてタイトル通りWord歴は10年以上の私です!
初めてマイPCとして所持していた某バージョンのノートPCから以後ずっとWord/Excelを使っています。
大学も授業でWord/Excelやってましたし、SE職時代も仕事で使ってましたし、現在もなにかとWord/Excelは使う機会が多いです。
初めて書いた小説もWordで書いてました。えるしってるか 実は私小説も書いてる

一太郎はですね、近年明確に小説同人をターゲットにしてきて、年々「小説同人誌を作るんだったら一太郎買った方がいいよマジで!」という声が増えて来ています。
評判めちゃめちゃいいです。
私も結構気になっていて、しかし何せ普段の環境がAdobe InDesignなものでどーすっかな~~~~~と思っていたのですが、

なんと! ついに!!
一太郎2019を!!!
買ってしまいました!!!!

全く触らずに周りの評価だけで「いいよ!」って書き続けているのはどうかなって思っていたのもありますが、単純に私がめちゃめちゃ興味あったので買いました!
ということで、この記事では一太郎2019プレミアム版の推しポイントを踏まえつつ、Wordとの比較を中心に、使ってみたレポートを書いていきますのでよろしくお願いします!
一太郎購入の検討材料になれば幸いです!

2020.01.18追記

上記の通り、基本的に当記事は2019版をベースに書いています。
2020年版について少しだけ追記しましたが、ほとんど2019年版の内容であることをご承知おきくださいませ。

続きを読む


txtの文字数カウントしてみた

いつもと違って完全にメモです!
あとで清書するね!

先日文字数カウントの話をお見掛けしたので、私の手元のデータを使ってカウントしてみました。

続きを読む


Windows標準フォントの”今”

Windows標準フォントについて、かなり昔の情報が出回っており、かつMicrosoft公式のページが検索でトップヒットしないことから、この記事を書きました。
この記事の初版・更新日はタイトル下に表示されている通りです。
急いで書いたので、誤りがある場合はTwitterマシュマロから指摘ください。直します。

続きを読む


【2019年版】磯野ー! 小説同人誌作ろうぜー!

新年あけましておめでとうございます!
チーム本出せ893の9、アカツキユウです。

このまとめは2017年・2018年に出した同名のtogetterまとめの記事版です。
私の中では新年の恒例となりました小説同人誌作ろうぜまとめ、今年から記事で書くことにしました!
主にこれから小説同人誌を初めて作りたい人や、小説同人誌を作ることにお悩みの人向けにまとめたものですが、普段絵やマンガの同人誌を出している人が、ゲスト原稿などで小説のページを作る際にも役立つと思います。
皆様のお役に立てますように!

続きを読む


1,000円以下で試し刷り出来る印刷所まとめ

Twitterでめちゃめちゃ反応いただきました1,000円(税抜)以下で試し刷り出来る印刷所情報、140字ではお伝えしきれないよ! ってことで記事を書きました。
元々私が試し刷りをするために調べていた情報をTwitterに書き込んでいたのですが、もっとあるだろう…と思っていたらもっとありました!
なので、Twitter・Togetter版より情報が増えています!
皆様のお役に立てますように!

続きを読む