小説本の読みやすさと文章の詰め込みは両立出来るか?

皆様こんにちは。アカツキユウです。
創作にお忙しい合間にお読みいただき有難うございます!

今回はある程度の「読みやすさ」を確保しつつ、出来る限り紙面に文章を「詰め込む」レイアウトを考えてみる記事です。
皆様の小説本の参考になれば幸いです!

続きを読む


「何文字あれば本に出来るの」

小説本を作りたい人向けのまとめを始めて数年。
今回の記事のタイトルのようなことを発する人を度々見かけておりました。
この「何文字あれば本に出来るの」という言葉について、やっと「もしかして、こういうことを言いたかったのではないか?」というひとつの解にたどり着いたので、その話を書きます。
「初心者さん」と「経験者さん」との知識、認識、視点の差が少し埋まるといいな、という期待を込めて。

続きを読む


新しくなった「しっぽり明朝」――その”つよさ”を体験しました

フォントダスさん(@fontdasu)さん制作の「しっぽり明朝」Ver.3が遂にリリース!
この記事では、しっぽり明朝v3のことをたっぷり紹介していきます!

こんにちは、アカツキユウです。
今回、しっぽり明朝v3のベータテストにご協力させていただきまして、テスト結果をもとにこの紹介記事を書いております。
この記事が皆様のご参考になれば幸いです。

おことわり

この記事に掲載している画像の中のしっぽり明朝v3、しっぽり明朝 B1は、ベータテスト時のものを使用しています。
正式リリース版とは字の見た目が異なる場合があります。

続きを読む


#威沙さんと仲良くなりたい

小説書きの皆さん! 小説本作ってますか!
今回は「文庫本作成データ生成ツール・威沙(いずな)」をご紹介します。
威沙のことを知らない人も、知ってるけど上手く仲良くなれなかった人も、威沙で小説本を作ってみませんか?

今回は、初めて使う人向けに、入稿用本文データを作る流れを段階的に紹介していきます。
どうぞこれを参考に使ってみてくださいね。

続きを読む


#小説同人推し印刷所2020

磯野ー! 小説同人誌作ろうぜー!」の2021年版にさきがけ、「小説同人推し印刷所」の2020年版をやりました。
総評みたいなのはついったにも書いたのですが、もうちょっとだけ詳しく書くために記事にしました。

この投票はあくまで「小説同人」における「推し印刷所」を調べたものであります。
各印刷所の優劣ではありませんのでご注意ください。
また、この記事では私自身が確認しうる範囲で印刷所情報を載せています。なるべく主観に寄らないように心がけておりますが、あくまで「私が確認した」内容になりますので、ご承知おきください。

続きを読む


小説同人誌を作った話

いつも当サイトの記事をご覧いただき有難うございます。
小説同人誌をターゲットにした記事を色々書いてきた私ですが、その中で度々「小説は書くが、同人誌は全てマンガである」旨を記載して参りました。
今回は色々あって

小説同人誌を発行しました。

ので、それについて書いていきます。
ただ単に小説を書く、それだけではなかったという、話。
今回は主観バリッバリでお送りします。

続きを読む


明朝体フリーフォント片っ端から集めた

この記事は「小説同人誌向け明朝体フリーフォントまとめ」のリメイク記事です。
どうもこの↑タイトルだと「小説同人誌が主なターゲット」というよりも「小説同人誌しかターゲットにしていない」と見なされてるっぽいのと、もとの記事が肥大化しすぎて収拾がつかなくなって来たので、いっそ新規で作っちまおう、ということで新しく書きました。
小説同人誌のために本文用の明朝体を探している方はもちろんのこと、マンガ同人誌や、その他色々な作品用に明朝体を探している方のお役に立てれば嬉しいです!

続きを読む


スマート小説本を作る

※スマート小説本=スマートフォンで作った小説本

iOSにもAndroidにも様々なアプリが登場し、いよいよスマホひとつで小説同人誌が作れる時代が来てしまった。
WinもMacも要らない、手の中の小さなデバイスひとつで――…

という訳で、今回はスマホひとつで小説同人誌を作る為のツールをご紹介します。
ざっくり「どんな感じか」もあわせて紹介しますので、ご参考にどうぞ!

続きを読む


小説同人誌:MS明朝論争に終止符を

この記事は小説同人誌向けの話をしています。
ビジネス文書や商業書籍・商業デザインの話はしていません

あまりにもちょこちょこ小説同人誌の本文にMS明朝を使うことの是非/可否の話が上がって来るので、論争に終止符を打つためにこの記事を書きます。
まさかフォント単体記事を書くことになるとは思わなかったぞ。
しかしそれくらいもう何度も見る話題なんです。
そして物凄い勢いで論旨がズレていく内容なんです。

というわけで、MS明朝について、そして小説同人誌の本文にMS明朝を使うことについてお話したいと思います。

続きを読む


コピー本が捗る小冊子印刷

みなさーん! コピー本作ってますかー!!
私はー!!
折るのがめんどくさいので出来れば印刷所に入稿したいです

コンビニコピーでの小冊子印刷は、確かに折る手間はあるのですが、印刷所に入稿する場合と異なり、イベントギリギリまで執筆を粘ることが出来ます。しかもコンビニは遠くまで行かなくても近くにある場合が多い!
前日夜まで執筆して、当日朝印刷・製本してスペースに置くとか出来る! しかも1部から、好きな数を作れる!
(ギリギリ過ぎてこえーーー!!!)

小冊子印刷で!
コピー本作ろう!!

続きを読む


Word歴10年以上の私が一太郎初見プレイ

10年近く前に実況プレイ動画やってたアカツキユウです!
今回の記事に微塵も関係ないけど!

さてタイトル通りWord歴は10年以上の私です!
初めてマイPCとして所持していた某バージョンのノートPCから以後ずっとWord/Excelを使っています。
大学も授業でWord/Excelやってましたし、SE職時代も仕事で使ってましたし、現在もなにかとWord/Excelは使う機会が多いです。
初めて書いた小説もWordで書いてました。えるしってるか 実は私小説も書いてる

一太郎はですね、近年明確に小説同人をターゲットにしてきて、年々「小説同人誌を作るんだったら一太郎買った方がいいよマジで!」という声が増えて来ています。
評判めちゃめちゃいいです。
私も結構気になっていて、しかし何せ普段の環境がAdobe InDesignなものでどーすっかな~~~~~と思っていたのですが、

なんと! ついに!!
一太郎2019を!!!
買ってしまいました!!!!

全く触らずに周りの評価だけで「いいよ!」って書き続けているのはどうかなって思っていたのもありますが、単純に私がめちゃめちゃ興味あったので買いました!
ということで、この記事では一太郎2019プレミアム版の推しポイントを踏まえつつ、Wordとの比較を中心に、使ってみたレポートを書いていきますのでよろしくお願いします!
一太郎購入の検討材料になれば幸いです!

2020.01.18追記

上記の通り、基本的に当記事は2019版をベースに書いています。
2020年版について少しだけ追記しましたが、ほとんど2019年版の内容であることをご承知おきくださいませ。

続きを読む