無料でデータをPDF化するソフトはいろいろあるのですが、調べた中ではこちらが私の使用条件に合ってたので、こちらを紹介します。

doPDF
http://www.dopdf.com/ja/

一応日本語に翻訳されてるぽいんですが、訳が妙なのでスクショで説明します

◆インストール
2015031001
アクセスしてすぐの画面にこういうリンクがあるので、○のところをクリックします。

2015031002
同じくスクショ内の○のところをクリック。
上側にある「ダウンロードを開始」とか書いてあるところはGoogleADS(要するに広告)ですんで、ここをクリックしても目的のファイルをDL出来ないです。
(何をDLさせられるんだこれ?)

2015031003
FireFoxだとこういう表示が出ますので、ファイルをDLします。
IEとかはちょっとわかんないごめん
もしファイルのDLが始まらない場合、「Download link:」って書いてあるところのリンクをクリックすれば始まると思います

DLしたら、DLしたファイルをダブルクリックか、右クリックメニュー>インストールを押します(場合によっちゃ「管理者としてインストール」みたいなのを選択する必要があるかも)
インストーラを立ち上げると、
2015031004
こういう感じの画面が出ますので、「Install Now」を押してインストールします。

◆インストールしたら
どのソフトでもいいですが、印刷機能を積んでいるソフトを起動します。(WordでもExcelでもとりあえず何でもいい)
印刷ボタンを押して、「プリンター名」のところの選択に「doPDF」が表示されていればいいです。
2015031005

そう、つまりdoPDFってプリンター扱いなんですよ。
だから、「印刷」の機能を積んでいるソフトからであれば、どのソフトのデータでもPDF化出来るっていうわけです。

(余談ですが、doPDFを選択した理由は、フォントの埋め込みなどが上手くできたからです)
(フォント埋め込みは小説同人誌では最重要なことです)
(別にお金出してもいいな…と思ったら、いくらでも出せる! って人は迷わずAcrobat買った方がいいし、安い方が…と思うなら、家電量販店にPDF化ソフトが売っているです、でもフォント埋め込みが出来るかどうかは保証できぬ)

◆PDF化の仕方
小説本文を作ったら、メニュー>印刷を選択。

2015031006
プリンタ名で「doPDF」を選択します。
そしたら横の「プロパティ」を押します。

2015031007
全部英語ですが特に難しいこと書いてないです。
Page sizeはページサイズ。
この画面では「Predefined」で「A4」になってますが(A5原稿作っててもこの画面ではA4になっている気がした)そのままでいいです。気になるならA5か、A5+塗り足し3mm(Unitsをmmにしてから、Width:154、Height:216)にすればOK。

Orientationは「Portrait」
Graphicのところは「600dpi」にします。一応。

設定したら「OK」を押します。
ちなみに、印刷の度に設定が戻っている可能性がなくもないので、一応毎回このプロパティは確かめた方がいいかも。

印刷ページ範囲などを確かめてから、「OK」ボタンを押します。

2015031008

するとこういう画面になります。

File nameは実際に保存するファイルの名前と保存場所です。
必要なら「Browse…」を押して変更します。

PDF optionsは「Hight quality」を選択、「Embed fonts」をチェック。
Save optionsの部分はお好みで。
「Open PDF in reader」は、PDF化した後、Adobe Reader(など?)で開くかどうかのチェックです。保存する度にPDFが開かれるのがわずらわしければチェックは外します。
「Always use this folder」は、doPDFを使用してPDF化する時、毎回同じフォルダに保存するかどうかのチェックです。いつも同じところに保存するならチェックを入れ、保存の度に保存先フォルダを変更するのであれば、チェックを外します。

設定出来たら「OK」を押すと、PDF化を開始します。

PDF化は完了です。
実際にPDFを開いて中身を確かめてください。

◆印刷しようとしたらエラーになる
2015031009
こういうエラー画面が出たら、doPDFが正しく起動出来てませんので、手動で起動してやる必要があります。

コントロールパネルを開き、「表示方法」を「大きいアイコン」にします。
2015031010
「管理ツール」を開きます。
(ここから先、システム上の重要な部分を触ることになるので、注意してください)

2015031011
「サービス」を開きます。
開いた先の画面で、「novaPDF server」という項目を探して、ダブルクリックします。
「doPDF」ではなく「novaPDF」です。

2015031012
こういう画面が開くので、「サービスの状態」が「停止」なら、「開始」ボタンを押します。
「開始」なのに印刷出来ないようなら、一度「停止」を押してから、「開始」を押します。

なお、PCを起動する度に、印刷時にエラーになるようなら、起動が上手くできていないので、上記の画面の「スタートアップの種類」を「自動」から「自動(遅延開始)」に変更してから「OK」を押して終了します。

◆注意点
一応自環境でテストはしてますが、このソフトを使っても上手くフォントを埋め込むことが出来なかったり、レイアウトが崩れてしまったりすることはあると思います。
必ずPDF化したら、全ページのレイアウトを確かめてくださいね。

フォントが正しく埋め込まれているかどうかは、Adobe ReaderでPDFを開いて、メニュー>プロパティ…を開いて、「フォント」タブを開きます。
その中の画面で、本文に使用したフォント名が表示されていればOK。

.

長くなりましたが、PDF化は以上です。
説明は長かったですが、PDF化自体のステップはそれほど難しいわけではないと思います。

小説本文はもちろん、PDF入稿を受け付けている印刷所さんであれば、画像データをPDF化して表紙として入稿も可能です。
皆様の同人誌の助けになりますように☆